自分を変える 芦屋導万の占い タロット・手相

自分に自信の無い方、自信をつけて自分が変わることのできるブログです。

続・優しくなりたい人へ

こんにちは。占いで自分を変える!占い師の芦屋導万です。

 

先日、世界幸福度ランキングが発表され、日本は58位でしたね。

その中でも他者への寛容さは92位とかなり低いものでした。

他者への寛容さについて考えてみたいと思います。

f:id:engelkaereru:20190323144043p:plain

 

他者への寛容さ

今の日本人は他人に無関心になりがちなんですかね。

SNSの氾濫などを見ても他者への配慮はあまり感じませんね。

優しさに関しては以前記事を書きました。

 

www.ekaereru.com

 

 人生において、他者に対する優しさ、共感は大事です。

 

タロット的考察

タロットさんも他者への優しさの大事さは教えてくれています。

小アルカナで見ていきましょう。

まずソードの10

f:id:engelkaereru:20190323150145j:plain

ソードは思考や知性、試練などを表します。

鋭利な知性は、時には刃となり、ソードのストーリーの結末は

めった刺しになってます(怖っ)(T_T)

ネットでの誹謗中傷などはまさに刃ですよね。

 

ワンドの10

f:id:engelkaereru:20190323150716j:plain

 

ワンドは、情熱や行動力を表します。

前向きな意思を持って、突き進むことは成功には不可欠です。

しかし、自分の情熱や意志だけでは、最後はしんどい感じに

なってます。

 

ペンタクルスの10

f:id:engelkaereru:20190323151016j:plain

 

ペンタクルスはお金、豊かさ、現実などを表します。

大きな屋敷の中で家族に囲まれ一見幸せそうです。

しかし、自分の方を向いているのは犬だけです。

お金や物質的豊かさは本当の幸せではありません。

 

 カップの10

f:id:engelkaereru:20190323151458j:plain

 

カップは愛情、人間関係、優しさを表します。

見るからに幸せそうな絵ですね。子どもたちも踊っちゃってます。

 

数札の10を見る限り、タロットは大事なのは

優しさであり、愛情であり、人間関係だよと言っています。

 

日常生活において

この前通勤中に感動した光景がありました。

日によって交差点に警察官が立っています。

普段は立ってるだけですが、その日は違いました。

視覚障害者の方の介助をしていたんです。

その視覚障害者の方の顔を見ると満面の笑みでした。

f:id:engelkaereru:20190323154034p:plain

もちろん交通違反を取り締まるのは大事な仕事ですが

こういうことも大事じゃないですかね。

こういう優しやが連鎖すれば、交通安全にもつながると思います。

 

他者の立場になる

相手の立場になって物事を考えるのは大事なことです。

それをすることによって、他者を理解し、他者に優しくなれるのでは

ないのでしょうか。

他者の立場になれるおすすめのワークを紹介します。

 

自分を変える「身口意」の法則

自分を変える「身口意」の法則

 

五感刺激をコピーする「観音力ワーク」

 

 ー関心の力と共感力が高まるワークー

 

ー人間関係がうまくいかないのは、共感力と想像力の欠如

 

 人間関係がうまくいかない原因の多くは、共感力と想像力が

 ないことに起因します。

 たとえば、学校でも「誰にしゃべっているんですか」

というような、聞いていようが聞いていまいが関係なく、

一人で話を進める先生がいたのではないでしょうか。

 もちろん先生に限らず、相手のことなどお構いなし、

相手の話にも気持ちにもまったく関心を向けていない人は

少なくありません。

 相手がどう思うか、何を感じるか、何を嬉しいと思い、

何を嫌だと思うかがまったくわからない。だから相手に敬意も

伝わらず、意図せずとも殺氣(*)の関係へと陥ってしまうのです。

 そこでオススメなのは、僕が観音力ワークと呼んでいるものです。

ざっくりとお伝えすると、その人の感じている観点や音を感じる

というもの。これが観音力です。このワークを行うことによって、

自らの共感力や想像力を高めることができます。

 より具体的にいうと、道を歩くときや人と話しているときに、

周りの人の五感刺激を自分にコピーしていくのです。

 自分が座っていて、向かいの席に座っている人を見ながら、

 

・何が見えているか?(眼)

・何を聞いているか?(耳)

・どんな呼吸をし、どんな匂いを感じているか(鼻)

・口の中の感覚や美味しい・まずいはどうか(舌)

・座っている椅子や体の感覚はどうか?(身

 ということを、イメージの中でコピーし、体で感じていきます。

 これを普段からしていると、すごくわかってきます。

 相手があなたを見ている感覚、パソコンを打っている指先の感覚、

あごに手をやった感覚、時計をしている感覚、メガネをかけている

感覚‥‥などが相手を感じながら話すということをするのです。

 要するに受信しながら話す。

 すると、Wi-Fiでつながっているかのように、人同士が

つばがれるようになります。

 この観音力は、相手とある意味一体化することで、

強制的に相手への関心をつくることができるのです。

 常にその状態にするのは難しいかもしれませんが、

カフェに一人で入ったとき、会議で人の話を聞いているとき、

家族と一緒にいるときなどに、数秒、数十秒でもいいので、

少しずつやってみてください。

 慣れてくると、誰とでも話しながらできるようになって

くるはずです。これも反復することで、少しずつ効果が

出てくるようになります。

 

(*)殺氣;風水における、怯えに基づくエネルギー

 

私も観音力ワークやってみました。相手の立場になって

相手をよく観察できるので、相手を思いやれますよ。

 

優しくなりたい人は、相手の立場になってみてくださいね。

 

 

 

他者に優しくなれる占いは

 

  

 

依頼はこちらへ