自分を変える 芦屋導万の占い タロット・手相

自分に自信の無い方、自信をつけて自分が変わることのできるブログです。

主体性がないと悩んでいる人へ

こんにちは。占いで自分を変える!占い師の芦屋導万です。

 

今日は、主体性について。

主体性が強いほうが良いように思えますが、そんなことはありません。

手相から主体性について考えていきます。

 

f:id:engelkaereru:20190408143914p:plain

 

 

 主体性

手相で主体性を見るには生命線を観ます。

まず主体性の強い人。

f:id:engelkaereru:20190408150226p:plain



主体性が強い人は、何事も自分に重きを置きます。

メインは自分です。こういう方は目立ちます。

自分を全面に出して、行動していきます。

このタイプの成功者を見ていると憧れますね。

 

 

逆に主体性がうすい人もいます。

f:id:engelkaereru:20190408150402p:plain

あまり自分を押し出さない人。得てしてこういう方は

「自分に自信がない」と引っ込みがちになってしまいます。

しかし、こういう相の人は、自分よりも他者を優先させることのできる

良い人です。

人の話をよく聞いてあげられる人です。

そして、他者が輝くにはどうすればいいか考えられる人です。

 

職業適性で言うと、化粧品販売や美容師、理容師、スタイリスト、

トレーナー、カウンセラーなどです。

 

 

適性

主体性があまりないからといって自信をなくす必要はありません。

自分よりも他者を優先させることができることは美徳です。

大事な個性です。

その人に向いている適性もあります。

 

生命線が薄いタイプの方が、無理に自分を前面に出して頑張っていると

非常にしんどくなります。ストレスもたまります。

 

自信の適性に合った努力をしましょう。

 

まとめ

主体性がないからといって悩む必要はありません。

人には、その人の向き不向き、適性があります。

この世の中で生きていくいく上で人間関係は欠かせません。

主体性が強すぎる人は孤立してしまう可能性があります。

生命線がうすい人、主体性がうすい人はまわりと調和できる人です。

社会で生きていくうえで最も大事なことかもしれません。

 

 

主体性に関しては、運命線とのからみも大事になってきます。

 

ご自身の適性を知りたい方は

 

 

  

 

依頼はこちらへ