自分を変える 芦屋導万の占い タロット・手相

自分に自信の無い方、自信をつけて自分が変わることのできるブログです。

学びを活かせない方へ

こんにちは。

占いで自分を変える!占い師の芦屋導万です。

 

人生において学びは大事です。

読書やセミナー受講したり、資格の勉強したりなど

学ぶ方法はたくさんあります。

 

その学びを人生のいろんな場面で活かしたいですよね。

今日は学びを活かす方法について書いていきます。

 

f:id:engelkaereru:20190313155306p:plain

 

 

 

学びを活かしきれない人

学習熱心な人はたくさんいると思います。

しかし、それを活かせている人は少ないです。

せっかく目的を持って学んだものは活かしましょうよ。

貴重な時間を費やしたのですから。

 

では何故活かしきれてないのでしょうか?

 

どうすれば活かせるようになるのでしょうか?

 

体験する

その答えは昨日も紹介した『身口意』のなかにありました。

 

自分を変える「身口意」の法則

自分を変える「身口意」の法則

 

「知る」を「やる」に変えると、人生が変わる

 

 ー密教は体験学習

 

密教は「アタマ」だけでなく「カラダ全体」で学ぼうとする

体験学習を重んじる特徴があります。

顕教(*)が経典の研究や文字の言葉から仏の道を理解しようと

したのに対し、密教は自らの修行体験によって仏になろうと

するものです。 

最澄は、「仏の教えを文字や言葉を通して学んでいくことで、

人はいずれ悟りにたどり着く」と考えました。

でも、空海は次のように最澄に尋ねたといわれています。

 

「この曼荼羅の美しさを実際に見たことのない人に、

文字や言葉で伝えられますか?」

そして「本当に伝えたいことは、文字や言葉で伝えることは

できない」と伝えたと言われてします。

確かに文字や言葉は、同じ情報を広く間違いなく伝えることが

できる利点があります。

それに比べて体験は広く一度に伝えることは難しい。

しかし、物事の本質は体験からしか学べないのです。

多くの人は「知ること」が学びだと思っています。

学校の勉強、資格試験の勉強、密教や仏教について知識を

得ること。

しかし、それは学びの入り口であって、学びそのものではない

ということです。

知ることが学びではなく、実践が学びなのです。

 

知ったことを「確かめてみる」こと。

知ったことを「使ってみる」こと。

知ったことを「やってみる」こと。

 

これが大切なのです。

 

(*)密教以外の宗教

 

私もこのことは常々感じていました。

いくら本を読んでも、資格をとっても実践しなければ

身につきません。本当に理解することはないのです。

例えば、富士山は日本一高い山というのは誰でも「知って」います。

でも実際に登ってみなければ3,776mの高さを実感することは

ありません。登って初めて富士山を「理解する」のだと思います。

 

気づき

このブログの中では何度も言っていますが、私は空手をやっています。

武道でもこの考え方があてはまります。

技術書などに突きや蹴りの出し方は書いてあります。

突きの場合、拳を強く握って、脇の下からねじり込むように

拳頭(拳の中心)を当てる。同時に引き手(反対側の手)を

強く引くなどです。その通りにやればカタチにはなります。

しかし、この時点では理解したとは言えません。

何度も何度も繰り返しているうちに自分で「気づく」んです。

理屈ではなく自分の中で「こうやって打つんだ」というのがわかります。

これは言葉では説明できません。説明できても他人が突きを理解するには

自分で気づくしかないんです。

実践しかありません。

 

行動

どの分野でも成功されている方は必ず言います。

「まず行動せよ」「行動が大事。」

 

本当にそうだと思います。

 

「知る」だけでは活かすことができません。

人生変えるためには「知った」ことを実践しましょう。

 

 

 

自分を変えたい方

 

  

 

依頼はこちらへ