自分を変える 芦屋導万の占い タロット・手相

自分に自信の無い方、自信をつけて自分が変わることのできるブログです。

人生負けてばかりとお悩みの方へ

こんにちは。

占いで自分を変える!占い師の芦屋導万です。

 

これまで自分を変えるには自信が大事だという

話はしてきました。

 

www.ekaereru.com

 

 

 それでもなかなか自信が持てない、自分は人生で負けてばかりだと

思ってしまう方もおられるかもしれません。

今日はそういう方のために書いていきます。

f:id:engelkaereru:20190216213903p:plain

 

 

人生負けてばかりと思っていると

「どうせ自分なんて」とばかり思っているとますます不幸を

引き寄せてしまいます。

人も寄ってきません。

より内にこもってしまい行動できなくなっていきます。

この記事で書いたような楽観視できればいいのですが

 

www.ekaereru.com

 

 それも難しいという方。

 

悲観的な方はどうすればよいか?

 

 

頑張れるようになる

人生負け続けで「自分なんかダメだ!」と思っている方。

 

 

 

最後に勝てばいいんです!

 

 

 

これまでの負けなど気にしなくていいんです。

人生長いです。最後に勝てばいいんです!

死ぬときに「幸せだったな。」と思えればいいじゃないですか。

 

 

項羽と劉邦

中国の秦の末期に項羽と劉邦という人物がいました。

世は長年続いた戦国時代を秦の始皇帝が初めて中国を統一した時代です。

そして、始皇帝の次の皇帝は暗愚で、世の中はまた乱れ始めていました。

滅ばされた楚の項羽は立ち上がります。その鬼神のような強さで

秦を滅ぼしてしまいます。

漢の劉邦もそれに従っていました。

 

赤龍王 第1巻

赤龍王 第1巻

 

 

しかし、項羽の強引さに不満が募り、反乱が起きます。

劉邦項羽に反旗を翻しました。

戦下手な劉邦は、猛将の項羽に負け続けます。

かろうじて生き延びます。

 

そして、最後の最後に項羽に勝ちました(四面楚歌)。

天下をとって400年続く漢王朝を打ち立てるのです。

 

 

弱者の戦略

負け続けの劉邦がなぜ勝てたのか?

劉邦は自分の弱さを認め、己の足りない部分は優秀な部下に

任せました。強敵は避け、必要があれば何度も逃げました。

活躍した部下には褒美を惜しみませんでした。

 

まず自分の弱さを認めることが大事です。

それで悲観的になることはありません。

「それでいい」と認めるんです。

そして、自分の長所を見出してください。なんでもいいです。

 

人に与えることを惜しんではいけません。与えれば自分に返ってきます。

 

その上で人生を積み重ねていけば

最終的に勝者となることができるでしょう。

 

 

項羽と劉邦(上)(新潮文庫)

項羽と劉邦(上)(新潮文庫)

 

 

項羽と劉邦(下)(新潮文庫)

項羽と劉邦(下)(新潮文庫)

 

 

 

 

勝者への道を知りたい方はこちら

 

  

 

依頼はこちらへ